大人よりも必要なもの

赤子

赤ちゃんは大人に比べて肌を守るためのバリア機能が弱いため、日光の影響を受けやすいという特徴があります。そのため、外出時には日焼け止めを使って日光の影響を防ぐことが大切です。また選ぶ日焼け止めも赤ちゃんの肌に影響を及ぼさないものを選ぶようにしましょう。

もっと読む

初めて体に入るものです

ウォーター

赤ちゃんの水はミネラル成分や加熱処理がされているかどうかを判断材料にして選びましょう。ピュアウォーターやウォーターサーバーなどで扱われる商品がお勧めです。水道水や加熱処理がない場合は、一度沸騰させてから飲むことで安全に飲むことができます。

もっと読む

事故を防ぐために

レディ

万が一の車の事故の時だけでなく、ちょっとした急ブレーキでも子供には大きな衝撃になります。子供が車内で怪我をする可能性を下げて、安全に移動することができるようにするためにもチャイルドシートを正しく活用することが大切です。

もっと読む

外出時や寒い時も安心

乳児と女性

サイズや丈素材を確認

外出時や周りに人がいる場合の授乳はとても大変です。特に哺乳瓶やミルクの味を嫌がる赤ちゃんは、どんな状況でも授乳が必要となってきます。そんな時、強い味方になってくれるのが、授乳服です。授乳服は、服を脱がなくても授乳ができるよう、工夫された洋服のことを言います。最近では、通販サイトなどで簡単に購入できるので、とても便利です。種類も豊富でお洒落なものも多いです。しかし、通販で購入する場合は、実際目に目で見ることができないので、少し注意が必要です。産後は体型も変わっていますし、授乳中はバストも大きくなっています。サイズや丈の確認をきちんとしてから購入しましょう。授乳服は赤ちゃんに触れることも多いので、肌ざわりの良いものを選ぶと安心です。

色々なタイプ

授乳服には色々なタイプのものがあります。両脇に授乳口が付いていて、ファスナーなどで開閉できるようになっているタイプ。重ね着に見えるレイヤーが付いているタイプや、タンクトップが2枚重ねになっていて、重なっている部分が授乳口になっているタイプなどがあります。ワンピースタイプには、胸の切り替えから授乳できるものなどがありますが、きちんと感もあり、とても人気があります。どのタイプも授乳口が目立たないので、一見授乳服には見えません。乳房以外の場所を出さずに授乳ができるので、人目がある時や寒い時にも安心です。授乳服を購入する際は、マタニティウェアや授乳服の通販専門店が便利です。もし着てみて合わない場合などは、返品交換できる通販専門店もあるので、活用してみると良いでしょう。