事故を防ぐために|授乳服は通販でお得にゲット|赤ちゃんを守る肌着

事故を防ぐために

レディ

年齢による商品の違い

車の中で子供の安全を守るためのチャイルドシートは、年齢によって種類がわけられています。大雑把に分けると、新生児・乳児用、1歳〜4歳用、3〜7歳用といった具合です。新生児用は首のすわらない新生児でも安全に過ごせるよう設計されており、またキャリーとして使えるよう設計されているものもあるのが特徴です。幼児用はきちんと座れるようになり動きも活発になった年齢のお子様に合わせて、しっかりと身体を固定するものになっています。最後に、学童用です。このくらいの年齢になるとシートを設置するチャイルドシートではカバーしきれなくなるため、車についている普通のシートベルトを子どもでも使えるよう補強するものになってきます。

シートベルトの大切さ

チャイルドシートはそれなりのお値段がするうえに、幾度も買い換えることになると金銭的にも大変かもしれませんが、きちんと年齢と体格に合わせたチャイルドシートを活用することで、万が一の事故の際に子供の安全を守ってくれます。また小さな子供の場合、大人なら問題ないようなちょっとした衝撃でも体勢を崩したりすることがあるので、そういった意味でも正しくチャイルドシートを使うことは重要です。チャイルドシートを使い慣れていないと設置方法を間違うことがあるので、設置の際にはしっかりと取扱説明書を確認する必要があります。学童用になってくると子供が自分でベルトを外せるようになるので、シートベルトの大切さや、動いている車の中では大人しく座る必要があることをきちんと言って聞かせることも大切になります。