大人よりも必要なもの|授乳服は通販でお得にゲット|赤ちゃんを守る肌着

大人よりも必要なもの

赤子

大人は当然のように日焼け止めを塗る人も多いのですが、赤ちゃんの場合にも日焼け止めは必要です。赤ちゃんの肌は大人よりも薄いく3分の1ほどの厚みしかありません。さらに水分量も大人の半分ほどしかないため外部からの影響を受けやすく、大人ならば何ともない刺激であっても赤ちゃんの肌は敏感に反応してしまいます。日差しの強い日に赤ちゃんの素肌を日光にさらすと、大人になってから皮膚がんの原因になってしまう可能性があるという意見もありますし、特に真夏の強い日差しを長時間赤ちゃんが浴びてしまうと肌に水ぶくれが出来てしまうこともあります。長時間外出する時は手や足などの露出している部分には日焼け止めを使うようにしましょう。

赤ちゃんの肌はデリケートなため、大人用の日焼け止めを塗ってしまうとそれ自体が刺激になって肌に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあると言われています。赤ちゃんには専用のものを使うようにすることが重要です。選ぶポイントとしては紫外線吸収剤が使用されていないものであるかどうかをチェックしましょう。紫外線吸収剤は大人の敏感肌の人も避けている人が多い成分で、肌にかぶれなどが起こってしまう可能性がありますので、紫外線吸収剤不使用のものを選ぶと安心です。またSPFの低いものを選ぶのもポイントです。長時間の塗り直しが不要で便利な高いSPFのものは落ちにくいのでお風呂に入れた時に石鹸では落ちにくくなりますし、肌を長時間守る分負担も大きくなってしまいます。SPF10〜30程度のもので十分だと言われています。